フォームの個々の要素


  TEXTAREA





 複数行テキスト   TEXTAREA 〜 /TEXTAREA
  機能/目的複数行のテキストを入力してもらうために利用する。
設定例<TEXTAREA NAME="TEXTAREA1" COLS="20" ROWS="5" READONLY>初期値データです。</TEXTAREA>
CGI取得 NAME(上の例だと"TEXTAREA1") の値として取得できます。
改復行は、改復行コード 0x0d 0x0a として取得できます。
INPUT TYPE=TEXT が1行に対して、こちらは複数行をサポートしているテキスト入力です。
初期値は、<TEXTAREA>〜</TEXTAREA> で囲まれた範囲の文字列です。
    TEXTAREA>〜</TEXTAREA<の範囲は、フォーマット済みと解釈され他のタグも無視されてします。それゆえ、 初期値が長く途中で改行したいときは、複数行に分けて作成しておく必要があります。
READONLYは、読み取り専用のときに使用します。ディフォルトは、読み書き可能です。

  【例】簡単な例
構文: <TEXTAREA NAME="AREA1" COLS="20" ROWS="5"> </TEXTAREA>
表示:



 【例】初期表示、かつ、読み込みだけ
構文: <TEXTAREA NAME="AREA2" COLS="30" ROWS="3" READONLY>毎日、ご苦労様です。これからもよろしくお願いいたします。</TEXTAREA>
表示:


 【例】初期を途中改行して複数行で表示、かつ、読み込みだけ
構文:  <TEXTAREA NAME="AREA2" COLS="30" ROWS="3" READONLY>
毎日、ご苦労様です。
これからもよろしくお願いいたします。
</TEXTAREA>
表示: